遠丸保育園ロゴ 社会福祉法人 遠丸福祉会 遠丸保育園 トップページ サイトマップ お問合せ

保育内容

■ 保育の目標


はっきり しっかり にっこり、みんな なかよし。

私たちは、こんな子ども像を描いています。
体づくり【はっきり】・自分づくり【しっかり】・仲間づくり【にっこり】 心づくり【みんななかよし】の保育を通して、ひとり一人の子ども達が、健康で明るく個性豊かで、しかも仲間とともに21世紀を生き抜いていく人間に育って欲しいと願っています。

保育環境は、地域と自然に、幸いにも恵まれています。

野山に川原、草や木々、田んぼに畑、田舎味の残る地域社会と文化、まだまだ捨てたものではない、人と人とのつながり、これらは、まるごとの保育教材の宝庫です。

これらをふんだんに取り入れた新鮮な保育を展開することにより、地域社会の様々な方々との交流や、自然のなかで友達と遊ぶことを通して、ひとり一人の子どもの心身の成長を促し、年齢にあった保育を保障していくことで、にんげんらしい人間(ひと)作りの礎を培って参りたいと思います。 早期教育・先取り教育の目立つなか、保育とはその年齢でできることを見逃さないで、生活・遊びの中でじっくり・しっかり・ゆっくりと身につけさせ、心身共にさわやかに、たおやかに育むことが最も大切な保育だと考えています。

そこで、私たちは大まかに、各年齢の発達課題と保育課題を、次のようにとらえ、一貫した保育を展開することによって、保育の目標の達成にせまってまいります。

0歳〜1歳半では、母親や保育者と子どもとの間に信頼感が成立するので、0歳児は安らぎと満足感でつつむ係わり方・赤ちゃんの生活リズムを大事にすること・赤ちゃんが安心して甘えられる母親・保育者であること。1歳児では安心して自分が出せるように援助したり、環境をつくること。子どもが十分に探索活動ができるように配慮すること。癇癪や泣きさけびは待つこと、見守ることで上手に受け止めること。

1歳半〜3歳頃では、自立を獲得する。2歳児では、反抗期を独立期として受け止め、それにふさわしい接し方の工夫。一貫性を保って、子どもと接すること。子育てやしつけは急がずゆっくりやる。



3歳〜6歳児では、自立を獲得すると、その後、積極性・自発性が持てるようになる。 3歳児では、この時期から上手に子離れしていく第一歩と心得る。友達を求め、進んで一緒に遊べるように援助する。しつけは、子どもと大人の関係に中で少しずつ成立させていく。4歳児ではみたて遊びやつもり遊び・ごっこ遊びなど、イメージのある遊びができる 自発的に友達との係わりを楽しんで遊べるようになること。園での生活の仕方を理解し、集団の中で自己が出せる。生活習慣や身辺生活に関心を持ち、自発的に自立に向けて努力する。5・6歳児では、自発的に目的を持って取り組み、自己発揮ができる。共通の目的に向けて、同じグループに成った友達と一緒に、積極的に遊びや仕事を進めることができる。我慢する力・相手を思いやる力など自己統制の力がつく。クラス全体で取り組む活動を通して、集団意識が持てる。

こうした保育を展開することで、就学に必要な知・徳・体育等の力を身につけ、私たちの望む子ども像にせまれるものと確信しています。




■ 保育の内容

園の周りの環境をあるがままに受け入れた自然な保育を展開することを通して、保育の目標にせまりたいと思います。 水と土・風と太陽・動物と植物たちは、こども達の大切な遊び仲間です。これらと触れ合う保育園の生活・遊びを通して、沢山のことを会得・体得させていきます。

園外保育【山里や川、小川・野原等での遊び】
動植物の飼育栽培【ウサギ・園の畑や草花の栽培】
リズム運動と健全な発育の点検【健全な体】
絵本・ごっこ遊び伝承遊びの指導【文化や仲間とともに育つ心模様】

これら課外の活動は具体的な遊びで展開し、こども達の手足や耳や口や臭い等の五感を刺激して、具体的に体得させ、体験の輪を広げ深めて参ります。ある時は、どろんこ名人、どろだんご名人・お山の大将・ガキ大将というふうに。

人は人によって育てられ、支えられ、こころをしり、自信を持って自我を獲得し、自立を目指します。そして人との交わりから自立を得て、更に主体性・積極性へと外の世界に向かって羽ばたきながら、生きる力を身につけていきます。そのために親の愛を根底に、心づくり・自分づくり・体づくり・仲間づくりを通して、人としての道を学び、人となっていくと確信しています。




■ 一年の生活

野外の遊びのほとんどは、すぐ近くの九十九川・小高い山々【裏山】・レンゲ畑や菜の花畑・田んぼのあぜ道や土手・西毛運動公園がホームグランドです。

4月 入園式
さくらの花見給食
花畑(レンゲ・菜の花)
5月 手作り鯉のぼり・二十日大根種まき・茄子胡瓜
6月 田植え・向日葵の種まき・ジャガイモ掘り・保育参観
7月 プール
どろんこ遊び
親子で鱒釣り大会
夕涼み保育
8月 お泊まり保育
9月 敬老の日 祖父母遠足
10月 コスモス遠足
運動会
太鼓引継
親子遠足
稲刈り  種まき
11月 芋煮会【お焼きの会】
12月 生活発表会
お餅つき
クリスマス
1月 元旦 凧揚げ大会 保育参観
2月 節分
一日入園
3月 ジャガイモの種芋植え
卒園式
☆夏季や行事のある月は多少相違します。
☆園外保育やリズム運動は上下の年齢と合同になったり、単独もあります。



■ 一日の生活

生活のあり方は、60人程度のこども達に保育士等職員集団が、常時14〜5人おり、家庭的な雰囲気の中での保育に努めています。職員一人一人がこども達の名前を全員覚え誰もがこども達を見つめている職員集団でありたいと努めています。そんな中で、生活はゆっくり流れています。

7:30 開園【保育ニーズにより変動】
8:30 登園・自由遊び
9:00 登園完了
9:30 朝礼【月曜日】入室・絵本読み・歌 【未満児はおやつ】
10:00 クラス別の保育活動
11:30 昼食準備
【未満児以下やや昼食早く開始】
13:00 お昼寝・午後の保育活動
14:30 お部屋の清掃  お昼寝の目覚め
15:00 おやつ
15:30 帰りの会 絵本の読み聞かせ
16:00 降園時間
17:00 土曜日保育最終時刻
19:00 長時間保育最終時刻